メールサービス(教職員用)

サービス内容

情報処理センターでは、教職員用のメールサービスとして「DEEP Mail」を提供しています。
※学生用は「Gmail」を提供しています。

禁止事項

  • 公序良俗に反する内容を情報発信すること。
  • 他人に対する名誉毀損や誹謗中傷、及びプライバシー侵害を内容とする情報発信をすること。
  • デマなど虚偽の情報を情報発信すること。また、他人の名前を使用して情報発信すること。
  • チェーンメールや掲示板荒らし等、無差別・大量に情報発信をすること。

利用上の注意事項

  1. メールボックスにメールを大量にためないよう、不要なメールは定期的に削除して下さい。
  2. 大きいサイズのファイルは、メール添付しないようにこころがけて下さい。
  3. オークションなどの商業利用やゲームなどの遊戯利用は厳禁です。

利用方法

ウェブメール(DEEP Mail)

ウェブブラウザを利用してメールの送受信が可能です。
インターネットに接続した自宅のパソコン、携帯電話、スマートフォンのブラウザからも利用できます。

対象 教職員
ID・パスワード 統合認証アカウント(代表ログインID)のID・パスワード
利用の手引き ウェブメールサービス(DEEP Mail)利用の手引き 

各種メールソフト

研究室や自宅等のパソコンから、Outlook、Thunderbird、AppleMail等の各種メールソフトを利用して、メールの送受信が可能です。

  • セキュリティ強化のため、受信サーバ(POP/IMAP)および送信サーバ(SMTP)の設定について、暗号化通信(SSL/TLS)設定が必要となります。
  • 情報処理センターではウェブメール(DEEP Mail)の利用を推奨しています。
    各種メールソフトを利用する場合は、自己責任でメールソフトを設定の上、ご利用ください。
対象 教職員
利用の手引き 各種メールソフトの設定方法(教職員用)

別名メールアドレス設定

統合認証アカウント(代表ログイン ID)を持つ教職員利用者は、統合認証アカウントのメールアドレスに加えて、別名メールアドレスを利用して、メールの送受信を行うことができます。

  • 実メールアドレス
    • {統合認証アカウント}@mail.tohoku-gakuin.ac.jp
  • 別名メールアドレス
    • {別名(Alias)}@mail.tohoku-gakuin.ac.jp

設定方法等、詳細は、利用の手引きを参照してください。

セキュリティ対策

  • 国別IPアドレス認証制限機能
    • ID/パスワードが漏洩した場合に、国外から不正にログインされることを防ぐため、メールにログインできる地域を制限します(ユーザーごとに設定)。
    • 対象は、メールソフトからの利用(POP/IMAP、SMTP)で、ウェブメールは制限対象外です。
    • 海外から利用する場合は、ウェブメールでログインし、個人設定画面より対象地域の登録を行ってください。
  • 認証失敗回数制限機能
    • 総当たり攻撃やパスワードの類推等による不正ログインを防ぐため、連続してログインに失敗(パスワード入力ミス等)した場合、一定時間ログインが制限されます。
    • ロック時間経過後、再度ログイン可能となりますが、お急ぎの場合は情報処理センターへご相談ください。
  • 送信流量制限機能
    • ID/パスワードが漏洩した場合に、メールアカウントが迷惑メール送信の踏み台として利用されることを防ぐため、短時間内で大量のメール送信を行うことを制限します。

メーリングリストサービス

サービス内容

情報処理センターでは、教職員用のメールサービスとして「DEEP Mail」を提供しており、その中のメーリングリスト機能であるメーリングリスト追加申請、メーリングリスト設定変更、管理者変更、メンバの加除、メーリングリストの閉鎖等を、利用者自身がウェブから行うことができるメーリングリストサービスとして提供しております。

禁止事項

ウェブメールサービス(DEEP Mail)に準じます。

利用上の注意事項

ウェブメールサービス(DEEP Mail)に準じます。

また、次のメーリングリスト管理における注意事項をご確認ください。

  1. メーリングリストは追加申請を行った方が管理者となります(又は、管理者変更先の方)。
  2. メーリングリスト管理者は、利用用途に応じてご自身の判断で適宜設定を行ってください。
  3. メーリングリストのメンバは学外者を設定可能です。管理者責任において運用してください。
  4. メーリングリスト管理者は、管理対象メーリングリストのメンバの加除、管理者変更、不要になった場合の閉鎖等、メーリングリストの管理運用を、責任をもって行ってください。
  5. メーリングリストの管理者変更、メンバの追加について
    管理者を変更する場合や情報処理センターのメールアドレス(xxx@mail.tohoku-gakuin.ac.jp)のメンバを追加する場合には、{統合認証アカウント(代表ログインID)} @mail.tohoku-gakuin.ac.jpを指定してください。別名メールアドレスを指定した場合は、変更先の管理者は「リスト管理」に、メンバは「参加リスト」に該当メーリングリストは表示されません(管理者は管理対象のメーリングリストを確認できないため管理運用ができなくなり、参加者は自身が参加しているメーリングリストを把握できない状態になってしまいます。)。
  6. メーリングリスト上の管理者・メンバのユーザ名について
    メーリングリスト上のユーザ名は、仕様上、ウェブメールサービス(DEEP Mail)のメールアカウントとは別にユーザ名とメールアドレスが管理されております。メーリングリスト上のユーザ名は、初めてメーリングリストに参加する(又は、メーリングリストの追加申請した)際にウェブメールサービス(DEEP Mail)のメールアドレスに設定している「氏名」の情報が反映され、以降はウェブメールサービス(DEEP Mail)上の氏名を変更しても反映されないものになります。組織用メールアドレスの氏名を個人ではなく組織名に変更した上でメーリングリストのユーザとして登録したい場合は、組織用メールアドレスの氏名情報を変更した上で、メーリングリストへの参加やメーリングリストの追加申請を行ってください(メールアドレスに紐づく氏名の変更はウェブメールサービス(DEEP Mail)ログイン後、[オプション]-[個人情報の変更]-氏名情報を変更したいメールアドレスを選択し、[修正]から設定可能です。)。

メーリングリストのアドレスについて

メーリングリストは、メーリングリスト専用のメールドメインで運用されます。
利用者のメールアドレスとは、の右側が異なりますので注意して下さい。

  • メーリングリストメールアドレス
    • {メーリングリスト名}@ml.tohoku-gakuin.ac.jp
  • 参考:利用者メールアドレス
    • {統合認証アカウント(代表ログインID)}@mail.tohoku-gakuin.ac.jp

利用方法

ウェブから申請により、メーリングリストを作成可能です。
メンバの加除等、リストのメンテナンスは利用者自身により行うことができます。

対象 利用申請を行い許可を得た教職員(または学内の組織やグループ)
申請方法 WEB申請
https://webmail.ipc.tohoku-gakuin.ac.jp/
利用の手引き メーリングリストサービス利用の手引き(教職員用)